「型」について

半纏の大紋、衿、惣型など。模様をつけるのにはまず型紙を作成します。

弊社では、手作業での型彫りを行ない、型紙を作成します。

一度型紙を作成すれば、以降はその型紙を繰り返し使用することができます。

型彫り

小刀や円筒状の道具などを使い、手作業で型紙を掘り上げていきます。

彫り上がった型紙は、柄の離れた部分の固定と型紙の補強をするために紗を張ります。

型付け(糊置き)

型紙を生地の上に置き、ヘラを使っ型紙の上から防染糊を引いていきます。

防染糊は餅粉・糠が主原料で、生地を染めあげた後に糊を落とすことで、そこが染め残ります。