「字」について

袢纏などに使われる角字や牡丹文字、江戸文字、などを影・日向文字含め、作成から承っております。

江戸文字

寄席文字や相撲字、籠文字など江戸時代に盛んに使用された力強い書体を指します。

書籍として相澤兼吉(2代目)が「江戸文字 江戸印半纏太文字」(昭和60年発行 完売)で常用漢字を中心として図案化しています。

角字

角字とは、漢字を縦横同じ巾の線で正方形に紋様化したものです。

同じ漢字でも割り方を変えるなど、線の処理の仕方で個性も出すことができます。

また半纏、衿文字(7cm×5.5cm)の長方形の比率でも使われます。

 

その他

一文字から複数文字を丸の中で表す、牡丹文字や、各字体の陰、日向文字などの作成を行います。