藍染半纏(はんてん)・印半纏、法被

1枚からの注文が可能です。

小巾の反物を使い、背中に割りが入った伝統的な形が基本です。

藍染印半纏は呉入れ(大豆の搾り汁)を下染めとした伝統的な藍染の染色技法を用います。

昔の半纏の復刻・再現のご要望にもお応えしています。

藍染以外の染色技法、袖口を細くした職人向けの手甲半天や、

無双半纏(リバーシブル)などの特別な仕立て、作務衣の製品染めなども承っております。

半纏:一般的な形から、手甲(袖の狭い形、こはぜ付)、無双(リバーシブル)、被布など。その他細かい仕立て相談可能です。

生地:丸紡、紬(スラブ)、綿絽、刺し子など

 

相澤染工場には自社で所有する型紙があります。「有型(ありがた)」

有型を使用する場合、型代はかかりません。

大紋の有型の一覧はこちら(ページ:型紙(大紋))。(経年で使えなくなっている場合があることご了承ください。)

惣型も有型多数ございます。お気軽にお問い合わせください。

藍染半纏(法被)の仕立て見本

藍染半纏の工程・生地参考